2017年10月01日

『東京フラッパーガール』SS『珈琲を挽きながら』公開しました

どうも、杉浦です。たいへんご無沙汰しております。
そういえば文学フリマ東京ならびに大阪の告知をするのをすっかりさっぱり忘れてました。面目ない。
ついついお手軽なTwitterばかりを使ってしまいます……ダメな私……。



さて、毎年10月1日はなんの日か、みなさまご存じでしょうか。
『コーヒーの日』、『メガネの日』、そして『シャツの日』です(『シャツの日』は別の日という説もあるみたいですが)。
というわけで、我が家の眼鏡くんこと葛葉が主役のSSを書いてみました。
こちらから行けます↓
『珈琲を挽きながら』
PC専用ページ(えあ草紙版)
スマホ・PC兼用ページ



タイトルの『珈琲を挽きながら』は、昔懐かし歌謡曲『コーヒールンバ』の原曲『Moliendo café(モリエンド・カフェ)』、スペイン語で「コーヒーを挽きながら」という意味のタイトルから取りました。
そのまんまですやん!
「コーヒーつったらコーヒールンバやろ!」という、安直昭和生まれです……。

暗智大五郎探偵は本編を書いたときに何の気なしに出した名前でして、元ネタはもうお分かりですね。
ええもう、こちらもひねりもないそのまんまですね。
順番としては、
本編『東京フラッパーガール 1』の冒頭で名前だけ出す

前日譚『浅草ブラン・ノワール』のラストでも名前だけ

なんとなくいつか使ってみたいなーと思うようになる(思うだけ)

今回晴れて登場キャラに!
て感じです。
つい筆が滑って葛葉と仲良く(?)なってしまいましたが、本来の暗智氏は両刀なのでご安心ください!(??)

書いてて楽しかった暗智氏ですが、個人的には環の師匠である御厨女史(名前まだ決めてない)も書きたいですね。
設定だけは決めてまして、「超美人・超巨乳・超ガサツ」という……。
環の姐御分なんで、強烈なお姉さまにするつもりです。
書くかどうかは未定ですが。



関係ないですが、いつもSSをアップするときはアオリ文句みたいなのを一文入れるんですが、今回はこうなりました。
20171001.jpg
葛葉の心の叫びが伝わりますね!

それでは久々のSS、楽しんでいただけたら幸いです!

posted by 杉浦絵里衣 at 23:28| サイト更新

2017年04月21日

新作小説『鳳凰はかく語りき ─東華百貨店物語─』特設サイトを開設&連載開始しました

5/7の文学フリマ東京合わせの新刊『鳳凰はかく語りき ─東華百貨店物語─』の販促用特設サイトを開設しました。
http://www.magaki.sakura.ne.jp/toka/

作ってくださったのは、表紙の装丁も担当してくれた、おなじみ宗像久嗣氏です。
さすがプロの仕業、すばらしい出来です!(笑)



先日お伝えしたとおり、内容を順次公開しています。
5/6までは全文閲覧できるようにするつもりなので、お気軽にご覧ください!
4/21現在、3話(『昭和八年 ─光代の場合─』)まで公開中。予定では毎日1話ずつアップする予定です。
「noteで見る」ボタンを押すと、掲載しているnoteページに飛びますので、よろしくお願いします。
直接noteへアクセスされたい方は、こちらから。
https://note.mu/erii_magaki
関係ないけど、noteめっちゃ使いにくいです。
投稿日時の変更もできないし、削除したはずの目次も残ってるし、Android版Chromeでの表示も狂いまくるし……。
それでもpixv小説よりは閲覧者に優しいので、今回はnoteで行きます(偉そう)。




今後の予定として、
・Webで全文公開(〜5/6)

・5/7に紙版を文学フリマ東京で頒布

・5月中(ざっくりすぎる……)には電子書籍版を配信

・9月の文学フリマ大阪に受かれば、紙版を頒布(紙版はこのイベントが最終)
……としています。電書版はさっぱり手を付けてませんが。

それでは、楽しんでいただければ幸いです!

posted by 杉浦絵里衣 at 23:37| サイト更新

2017年04月19日

「第二十四回文学フリマ東京」に参加いたします

ごぶさたしてます、杉浦です。
2017年5月7日(日)に、東京流通センター 第二展示場にて開催予定の「第二十四回文学フリマ東京」に参加いたします。


第二十三回文学フリマ東京 開催情報
http://bunfree.net/?tokyo_bun24
第四回文学フリマ大阪 出店者(サークル)リスト
https://c.bunfree.net/c/tokyo24



サークル名は『籬の花』、ブース番号は C-16、カテゴリはエンタメ・大衆小説。前回と同じ島で、ほぼ真裏にあたります。
本当はもう少し早くに情報出てたんですが、新作執筆で修羅場ってたのですっかり告知を忘れていました(笑)。

頒布物は、書き下ろしの新作『鳳凰はかく語りき ─東華百貨店物語─』と、前回と同じ『東京フラッパーガール』シリーズの、合計3種になります。
『フラッパー』シリーズは前回でほぼ完売したので、ちょびっとだけ再版しました。
とはいえ本当にちょびっとなので、早めにいらしてくださると助かります……!



新刊の『鳳凰はかく語りき ─東華百貨店物語─』ですが、中身の分からない書き下ろし作品をいきなり購入してもらうのも申し訳ないので、広く試し読みしていただきたいと考え、期間限定ではありますが全文公開いたします。
期間は〜5月6日(土)まで、イベント終了後は冒頭数章のみに切り替えます。
現在急ピッチで連載準備を整えていますので、今しばらくお待ちください。おそらく明日から連載スタートできると思われます(言い切った!)。
連載場所が決まりましたら、あらためてURL等を告知いたします。
それでは。

posted by 杉浦絵里衣 at 22:54| お知らせ

2016年12月31日

2016年を振り返って

久々のブログ更新です。基本、告知のある場合しか更新しないわたくし……。



2016年の新作といえば『東京フラッパーガール lite -浅草ブラン・ノワール-』一本きりでした。遅筆にもほどがあるってなもんです。
さらに、そのなけなしの新刊のプライスマッチ申請をAmazonに蹴られるという、波乱の幕開け……。
当時のブログ記事→Kindleストアにてプライスマッチに挑戦→申請見送りについて

平行して、BOOK☆WALKERさんからお誘いを受け、配信させていただく運びになりました。
ぶっちゃけるとコインアップ時以外はあまり動かないので、売上的にはムラがありますが、中の人のインディーズを応援してくださるのがとってもありがたいです。コメントもいただけて幸せ(*´ω`*)。
これからもよろしくお願いします(こんなとこでご挨拶……)。

一方、8月から始まったkindle unlimited(以下KU)。
一部の作家さんは桁違いに読まれるページが増えた(=その分収入も飛躍的に増えた)そうですが、私自身はさっぱり恩恵を受けていません(笑)。
看板作の『フラッパー』シリーズがセレクト除外なので、まあしょうがないですね。
それでも、今までよりは『CODE:R.I.P.』や『倫敦の悪魔』などが多少読んでもらえるようになったので、よかったです。楽しんでもらえたらいいなあ〜。

あとは、オフライン活動ですね。
9月の大阪文フリ&11月の東京文フリでは、念願の同人誌バージョンを頒布しました。表紙イラストと装丁がよいおかげで(笑)、予想以上の方に手にとっていただけました。
その節は本当にありがとうございました!



そんなこんなで、執筆自体は進捗ダメでしたが、個人的にはとても充実した一年でした。
来年こそは新作を出したいです。
てか出します! もう東京文フリのブース申し込んじゃったし!(あとがない)

それでは、今年一年本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします!

posted by 杉浦絵里衣 at 18:11| 雑記

2016年11月03日

「第二十三回文学フリマ東京」に参加いたします

11月23日(水祝)に、東京流通センター 第二展示場にて開催予定の「第二十三回文学フリマ東京」に参加いたします。

第二十三回文学フリマ東京 開催情報
http://bunfree.net/?tokyo_bun23
第四回文学フリマ大阪 出店者(サークル)リスト
https://c.bunfree.net/c/tokyo23

サークル名は『籬の花』、ブース番号は C-54、カテゴリはエンタメ・大衆小説になります。
会場は二階建てで、私は一階の配置だそうです。
頒布物は大阪と同じ『東京フラッパーガール』シリーズ、『東京フラッパーガール 1』および『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』の二種類です。

サンプルも置いてますので、よろしければぜひ。
(『1』は第五章、『2』は第四章の途中まで読めます)
『東京フラッパーガール 1』
HTML版(PC・スマホ等)

『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』
HTML版



頒布物ですが、どちらも在庫があまりないので(大阪よりは多いですが)、閉会時間より早くなくなる可能性が微レ存なきにしもあらず……。
また帰りの新幹線の時間の関係もあり、十六時ごろには撤収する予定です。
なので、お早めにいらしてくださると確実だと思われます!

今回はひとりでの参加になるので、よろしければお声がけください。荒天じゃない限りは着物で行くつもりなので、目印にでも……(笑)。
それでは東京方面のみなさま、よろしくお願いいたします!

posted by 杉浦絵里衣 at 09:27| お知らせ

2016年08月24日

「第四回文学フリマ大阪」に参加いたします

9月18日(日)に、堺市産業振興センターにて開催予定の「第四回文学フリマ大阪」に参加いたします。

文学フリマ - 第四回文学フリマ大阪 開催情報
http://bunfree.net/?osaka_bun04
第四回文学フリマ大阪 出店者(サークル)リスト
https://c.bunfree.net/c/osaka04



サークル名は『籬の花』、ブース番号はA-18(ジャンル:エンタメ・大衆小説)になります。
頒布物は……『東京フラッパーガール』シリーズ、具体的には『東京フラッパーガール 1』および『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』の二種類になる予定です。
新刊なくて申し訳ありません……。


サンプルも置いてますので、よろしければぜひ。
(『1』は第五章、『2』は第四章の途中まで読めます)
『東京フラッパーガール 1』
HTML版(PC・スマホ等)

『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』
HTML版



イベント参加は実に12年ぶり(!)なので、かなり緊張しています。
よろしければスペースにいらしてくださいね!

posted by 杉浦絵里衣 at 21:43| お知らせ

2016年07月26日

『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』BOOK☆WALKERインディーズにて配信開始しました

前回からえらく間が空いてしまいましたが、ようやくBOOK☆WALKERインディーズでも続編を配信することになりました。

東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ - 杉浦絵里衣/宗像久嗣(FLAPPER LABEL)
cover.jpg

価格はKindle版と同じ、250円……ではなく249円です。
1円お得ですね!(笑)


ちなみに、今作が完結編になります。
もうちょっとシリーズ化してもよかったんですが、東京で探偵コンビを組んでる期間が三ヶ月間と短いので、どうも話が作りにくくて……。
『浅草ブラン・ノワール』は、そのわずかな期間を狙い撃ちしたものになります。


で、せっかく続刊も出たことですし、初めての方のために『1』をお安くご提供してみよう、と思い立ちました。

東京フラッパーガール 1 - 杉浦絵里衣/宗像久嗣(FLAPPER LABEL)
flapper.jpeg


通常249円→一週間限定で99円になります。


サンプル版もありますので(『1』は第五章、『2』は第四章の途中まで読めます)、お気軽にお試しください!

posted by 杉浦絵里衣 at 00:09| 電子書籍

2016年02月02日

『東京フラッパーガール 1』BOOK☆WALKERインディーズにて配信開始しました

先日お知らせしたとおり、BOOK☆WALKERインディーズでも『東京フラッパーガール 1』を配信することになりました。

東京フラッパーガール 1 - 杉浦絵里衣/宗像久嗣(FLAPPER LABEL)
flapper.jpeg


価格はKindleストアと同じ250円……にしたかったんですが、BOOK☆WALKERでは税抜き価格でしか設定できないため、税込み249円という中途半端な値段になりました(笑)。税抜き232円にすると税込み251円になるんです……。
Kindle版との違いは、本文に関しては変更ありませんが、唯一、口絵に使用していたイラストが含まれていません。
↓このイラストです。
illust.jpg
ちなみにだいぶ前に描いてもらったイラストで、調べてみたら2012年の7月頃の制作みたいです。
どうやらアルファポリス様のドリーム小説大賞を受賞した記念だった模様……。←忘れてた

なぜこのイラストを入れなかったのかというと、BOOK☆WALKERアプリで表示すると横幅合わせになってしまい、おかしなことになるからです。
実機テストではこんな悲惨な状態に……↓
2016-01-07 22.04.07.png
横向きに配置すればいいことなんですが、とりあえず今回は入れないでおきます。
もしかしたら今後、改訂版と称してしれっと入れるかもしれませんが。


これからの予定としては、2月〜3月の間に続編『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』も配信します。まだファイル作ってないんですが。
他作品の配信に関しては、まだ未定です。
BOOK☆WALKERはラノベに強いということなので、『CODE:R.I.P.』や『倫敦の悪魔』はあんまり向かないかも……。
そんなわけで、BOOK☆WALKERインディーズでもよろしくお願いいたします!

posted by 杉浦絵里衣 at 21:14| 電子書籍

2016年01月13日

『浅草ブラン・ノワール』および『東京フラッパーガール』シリーズ 今後の予定

気がついたら一週間経っていました……その間にいろいろありました。※主に芸能界で(関係ない)



さて、『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール』のプライスマッチ申請が不可能になったことで、当初の予定を変更しました。

まずはKindleストア。
こちらは99円で配信することになりました。


で、BWインディーズ。
色々考えた末、こちらも99円と価格を合わせることにしました
しかしいきなり値上げするのも申し訳ないので、1月いっぱいは無料キャンペーン期間という形にしました。
2月からは有料に切り替えます。当初の予定と違ってしまってすみません。
ちょっとお試しに……という方、今月中だとお手軽に読めますんでぜひ!
『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール』販売ページ
BWスタッフさんからオススメコメントもいただいてしまいました! ありがとうございます!

そして、自サイトで全文公開予定だった分も、サンプル版ということで後半部分をカットしました。
『浅草ブラン・ノワール』はAmazonとの独占契約は結んでないので、冒頭10%にこだわらずキリの良い5章まで用意しました。もしかしたらもう少し分量を多くするかも?
サンプル:えあ草紙版(PC向け)
サンプル:html版(スマホ・携帯向け)
どうでもいいですけど、BWインディーズの販売ページURL、もう少し短くなりませんかね……。



で、続編(?)の『東京フラッパーガール』シリーズ2冊ですが、こちらは2月からBWインディーズで配信する予定です。値段は今のところ変更予定はなしです。
なんで2月からなのかというと、1巻の独占契約終了が今月末だからです。実は2巻は今月中頃で切れるんですが、後半だけ読めても意味ないので…。
そういうわけですので、よろしくお願いいたします。



あっ、最後になりましたが公式サイトがちょこっとリニューアルしました。
KDPはじめるまでは、うちの看板は『CODE:R.I.P.』だったので一番大きいトップ画像を使っていたんですが、あらためて『東京フラッパーガール』に差し替えました。
まーこっちの方が派手なので見栄えもいいですしね(笑)。
http://www.magaki.sakura.ne.jp/

posted by 杉浦絵里衣 at 21:05| 電子書籍

2016年01月07日

Kindleストアにてプライスマッチに挑戦→申請見送りについて

新作『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール』ですが、BOOK☆WALKERインディーズにつづき、AmazonKindleでも配信が開始されました。



そこで、Kindleストアでも無料配信すべく、手続きすることにしました。
いわゆるプライスマッチ(最低価格保証)といわれるシステムで、家電量販店などでよく見られる「他店より一円でも高い場合は、さらに値下げします!」的なアレです。
Amazonでは自分で0円に設定することができないので、別のストアで0円配信の実績を作ってからAmazonに申請する……という手順を踏みます。
これまでに多くのKDP作家さんがこのシステムで無料配信を実現してきました。



いろんな方の体験談を参考にしつつ、Amazonさんに申請メールを送りました。
件名は「プライスマッチのお願いについて」、本文に「作品名・無料で配信しているストア名・販売ページのURL」を添えます。
そして半日後、担当者の方から返信が届きました。

結果は……、
「今回はプライスマッチを見送らせていただきます」(要約・以下同)
とのこと。

予想していなかった結果に、正直動揺しました。
理由は明記されていませんでしたが、
「小売価格はAmazonの判断で決定します」
というところから察するに、無料配信にふさわしくない、と判断された模様。いいのか悪いのかは謎……。



その後、Twitterでお世話になっている作家さんが相談に乗ってくださり、その方がプライスマッチを申請したメールの内容をうかがったところ、「無料にする理由・狙い」をアピール(?)なさったとのこと。

そういえば自分が送ったメールには理由なんて一言も書かなかったな……。
他のKDP作家さんは「上巻のみ無料・サンプル集・短編集」などが多いから、わざわざ書かなくても分かるけど、私のは一見すると独立した話みたいだし説明しないと分からないよな。
てゆーか理由もなくいきなり無料にしろとか勝手な言い分だよな、ともろもろ納得したので、担当者の方に返信する際に自分の考え(まずは無料作品で世界観を知ってもらう)を説明し、再度申請してみました。

実はこの時点では、すでに有料配信にする腹は決まっていたのですが、「プライスマッチ却下の理由がどこにあるのか」が知りたかったので、無理を承知でお願いしてみました。



二度目のメールを送ってから数時間後、再度返信が届きました。要約すると、
「Amazon側が設定した価格は適正である。本の価格は複数の要因によって決定する」
(本当はもっと丁寧な文面でした)
とのことで、やはりプライスマッチは見送られる結果になりました。

いただいたメールに「マーケットプレイスの小売価格はAmazon側の裁量で決定する」ともありましたので、インディーズ本に限らず、商品に対する価格設定は、売り手の他にAmazonさんが独自にチェックするようです。知らなかった……!
てことは、私の本はやっぱり無料には向いてない……ってこと……なのかな……?(未だぬぐえぬ疑問)



そんなわけで、プライスマッチは不可能となりました。
肝心の理由がはっきりしないのでなんとも言えないですが、しょうがないですね。
こんなこと書いてますが、Amazonさんの判断を恨むつもりは毛頭ないですし、度重なる申請にも丁寧に対応してくださって感謝しています。

なにより「こういったケースも、稀にだが存在する」という、よいサンプルになれました。
今後、KDPを利用していてプライスマッチを考えておられる方の参考になれば幸いです。



かくして有料配信が決定した『浅草ブラン・ノワール』ですが、WEB連載時そのままってのは個人的にイヤなので、なんかおまけをつけたいと思います。
いつものように後日談を書いてもいいんですが、以外と敬遠される方が多いみたいなので(私は裏話やその後の話とか大好物ですが)、なにか別の形で。
99円でも価値がある、読んで満足した、と言ってもらえるような作品にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、なんだか一人で大騒ぎしてしまい、混乱を招く結果になったことをお詫びします。
そもそも最初に「常時無料にするよ!ヽ(゚∀゚)ノヒャッハー!!」とか言い出さなかったらこんなことには……情けないったら。

posted by 杉浦絵里衣 at 21:22| 電子書籍