2014年03月28日

『倫敦の悪魔』販売開始しました!

『倫敦の悪魔』販売開始しました!

表紙は毎度おなじみ宗像久嗣氏ですよ。
毎回作品のテイストに合わせて雰囲気を変えてるんですが、今回はドロドロした内容に合うよう、シリアスなイラストにしてもらいました。
往年の洋画ポスターみたいな本格的な表紙になりましたよ!
ありがとうありがとう!

現在は250円の価格が付いていますが、3/29(土)夕方〜31(月)夕方までの2日間で無料キャンペーンを行います。
よろしければダウンロードしてくださいね!



今作には、以下のエピソードが収録されています。
■WEB公開版(細部修正済み)
・『倫敦の悪魔』
・『後日談──悪魔の証明』(旧題『後日談』)
■書き下ろし
・なし

……また書き下ろしなし……。
いえね、今回はどうしても追加したいエピソードがあって、実際バリバリ書いてたんですが、例によって蛇足っぽくて作品バランスが悪くなるので、また泣く泣く削ったんです。
サイトにSSで載せるにはネタバレすぎて躊躇する内容なのに……。
でも諦めきれないので、語り手を変えて書き直そうと思います。
ネタバレには違いないので、すでに本編を読まれた方は、よろしければ見てやってくださいね。

この話はですね……、ちょっと異色作なんです。
『フラッパー』や『CODE R.I.P.』とはまったく違って、人によっては拒絶反応が出るかもしれない内容です。
ミステリーとは銘打ってますが、実際はどうなんだろう。ミステリーファンの方に怒られるかも。
あんまり書くとネタバレになるので控えますが、内容紹介にもある
「真実はいつも、意外な姿をしている」
これが、すべてをあらわしているかと。
賛否両論あると思いますので、辛口批評は甘んじてお受けするつもりでいます。
(でも本音ではお手柔らかに願いたいです。打たれ弱いので……)



それでは新刊『倫敦の悪魔』、よろしくお願いいたします!

posted by 杉浦絵里衣 at 23:28| 電子書籍