2014年06月24日

「つんどく速報」さまにレビューを掲載していただきました!

つんどく速報」さまにレビューを掲載していただきました!
レビュー記事はこちら。
警視庁殺人課に元ファッションモデルの美人刑事がやって来た! 小説『CODE R.I.P. 1 Rest in Peace』杉浦絵里衣 (著)



この『CODE R.I.P. 1』は、これまでKDP化した作品のうち一番反応の少なかったものなので、レビューしていただいて本当に嬉しかったです。
あれですね、自分以外の方にあらすじを書いていただくと、すごくドキドキしますね(*´ω`*)



あくまでシリアスかつ要点を押さえた素晴らしい解説のあと、感想をいただいています。
曰く、

あますぎる! ほんと甘くて甘くて甘くて━━甘っっっっっっっったるいこと極まりない、画面をタップするおててがベタベタしちゃうほどの『超甘イチャラブ激撮ポリスロマンス24時!』小説なのであります。

そ、そうか……そんなに甘かったか……!
あらためて強調されると、ものすごくこっ恥ずかしいですね。
なんか、胸焼けさせてしまったようで申し訳ないです(汗)。
てか『超甘イチャラブ激撮ポリスロマンス24時!』ていいですね。誰か書いてくれませんか?(他力本願)

今さらですが、祐希にいろいろ付加価値(?)を付けた割に、それらをあまり有効活用できていない気がします。
もうちょっと設定を生かすよう、作品作りに精進したいです。



つんどく速報さま、ライターのイマガワさま、本当にありがとうございました!
一時期『CODE R.I.P.』シリーズ続投に自信をなくしかけていたんですが、このレビューを支えに頑張りたいと思います!

posted by 杉浦絵里衣 at 22:42| 電子書籍