2015年12月09日

『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール 第十三話』更新

『浅草ブラン・ノワール』更新しました。
第十三話/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6135335


下宿の各部屋の入り口にあたるふすま。
今回は鍵を付けていませんが、中にはフック状の鍵を付けている人もいたとか。
昔の家のトイレなんかに使われていた、引っかけるだけの簡素なあれですよ。
なんていう名称なのか分からなくて検索しまくったところ、どうやら「アオリ止め」というみたいです。
初めて知った……。

「下宿」というと学生さんメインのイメージですが、昭和初期だと老若男女さまざまな職種の人が利用していたみたいです。だいたいが単身者ですが、中には夫婦や家族で住んでるパターンもあったとか。
環の住んでいる九段下アパートメントのような、完全個室の集合住宅は本当に珍しかったと思います。
有名な「同潤会アパートメント」も、募集対象は大学教授やサラリーマンなどのホワイトカラーだったそうな。
いつか、「大塚女子アパートメント」をモデルにしたという『大いなる幻影』も読んでみたいです。



次回は、12/12(土)更新の予定です。これからちょいペース上げていきます。
よろしくお願いします!

posted by 杉浦絵里衣 at 21:48| サイト更新