2017年04月19日

「第二十四回文学フリマ東京」に参加いたします

ごぶさたしてます、杉浦です。
2017年5月7日(日)に、東京流通センター 第二展示場にて開催予定の「第二十四回文学フリマ東京」に参加いたします。


第二十三回文学フリマ東京 開催情報
http://bunfree.net/?tokyo_bun24
第四回文学フリマ大阪 出店者(サークル)リスト
https://c.bunfree.net/c/tokyo24



サークル名は『籬の花』、ブース番号は C-16、カテゴリはエンタメ・大衆小説。前回と同じ島で、ほぼ真裏にあたります。
本当はもう少し早くに情報出てたんですが、新作執筆で修羅場ってたのですっかり告知を忘れていました(笑)。

頒布物は、書き下ろしの新作『鳳凰はかく語りき ─東華百貨店物語─』と、前回と同じ『東京フラッパーガール』シリーズの、合計3種になります。
『フラッパー』シリーズは前回でほぼ完売したので、ちょびっとだけ再版しました。
とはいえ本当にちょびっとなので、早めにいらしてくださると助かります……!



新刊の『鳳凰はかく語りき ─東華百貨店物語─』ですが、中身の分からない書き下ろし作品をいきなり購入してもらうのも申し訳ないので、広く試し読みしていただきたいと考え、期間限定ではありますが全文公開いたします。
期間は〜5月6日(土)まで、イベント終了後は冒頭数章のみに切り替えます。
現在急ピッチで連載準備を整えていますので、今しばらくお待ちください。おそらく明日から連載スタートできると思われます(言い切った!)。
連載場所が決まりましたら、あらためてURL等を告知いたします。
それでは。

posted by 杉浦絵里衣 at 22:54| お知らせ

2016年11月03日

「第二十三回文学フリマ東京」に参加いたします

11月23日(水祝)に、東京流通センター 第二展示場にて開催予定の「第二十三回文学フリマ東京」に参加いたします。

第二十三回文学フリマ東京 開催情報
http://bunfree.net/?tokyo_bun23
第四回文学フリマ大阪 出店者(サークル)リスト
https://c.bunfree.net/c/tokyo23

サークル名は『籬の花』、ブース番号は C-54、カテゴリはエンタメ・大衆小説になります。
会場は二階建てで、私は一階の配置だそうです。
頒布物は大阪と同じ『東京フラッパーガール』シリーズ、『東京フラッパーガール 1』および『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』の二種類です。

サンプルも置いてますので、よろしければぜひ。
(『1』は第五章、『2』は第四章の途中まで読めます)
『東京フラッパーガール 1』
HTML版(PC・スマホ等)

『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』
HTML版



頒布物ですが、どちらも在庫があまりないので(大阪よりは多いですが)、閉会時間より早くなくなる可能性が微レ存なきにしもあらず……。
また帰りの新幹線の時間の関係もあり、十六時ごろには撤収する予定です。
なので、お早めにいらしてくださると確実だと思われます!

今回はひとりでの参加になるので、よろしければお声がけください。荒天じゃない限りは着物で行くつもりなので、目印にでも……(笑)。
それでは東京方面のみなさま、よろしくお願いいたします!

posted by 杉浦絵里衣 at 09:27| お知らせ

2016年08月24日

「第四回文学フリマ大阪」に参加いたします

9月18日(日)に、堺市産業振興センターにて開催予定の「第四回文学フリマ大阪」に参加いたします。

文学フリマ - 第四回文学フリマ大阪 開催情報
http://bunfree.net/?osaka_bun04
第四回文学フリマ大阪 出店者(サークル)リスト
https://c.bunfree.net/c/osaka04



サークル名は『籬の花』、ブース番号はA-18(ジャンル:エンタメ・大衆小説)になります。
頒布物は……『東京フラッパーガール』シリーズ、具体的には『東京フラッパーガール 1』および『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』の二種類になる予定です。
新刊なくて申し訳ありません……。


サンプルも置いてますので、よろしければぜひ。
(『1』は第五章、『2』は第四章の途中まで読めます)
『東京フラッパーガール 1』
HTML版(PC・スマホ等)

『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』
HTML版



イベント参加は実に12年ぶり(!)なので、かなり緊張しています。
よろしければスペースにいらしてくださいね!

posted by 杉浦絵里衣 at 21:43| お知らせ

2015年10月15日

新作『東京フラッパーガール お試し版(仮題)』今後の予定

ようやく新作のめどが立ったので、お知らせします。
……とはいえ、書き下ろしではありますが、完全新シリーズではありません。先に謝っておきます(チキン)。
タイトルは『東京フラッパーガール お試し版(仮題)』
同シリーズの前日譚、具体的には『1』の半月ほど前にさかのぼったお話になります。
まずWEBで連載→完結しだい電子書籍化となる予定です。連載時期は、早ければ今月中、遅くても11月には開始しようと思っています(まだ推敲中なので……汗)。



『お試し版』とはありますが、いわゆる有償版の一部分のみのサンプルという意味ではなく、初見の方にも『フラッパー』の世界観を知ってもらうためのお話なので、最初から最後まで無料で読める独立した作品になる予定です。
考え方としては、テレビドラマなどでよくある「パイロット版」、あるいは連載漫画の前段階となる「読み切り版」に近いものになりますね。

有効なプロモーションとしては、上下巻の上巻のみを常時無料にし、下巻を有料で販売する……という方法もありますが、『フラッパー』はちょっと味見でも、というには少々長めの作品なので、無料にしても積ん読されてしまう可能性が高そう。
それならばいっそのこと、新規で短めのを書き下ろしてしまおうと考え、このような形にしました。
短めとはいっても、現時点で6万文字越え・原稿用紙160枚前後という、中途半端な分量になってますが(笑)。

あとはまあ、これは完全に自分の都合なんですが、約一年半ほど小説執筆をサボっていたので、リハビリも兼ねて完全新作よりなじんだシリーズ物にしよう……という理由もあったりします。



連載終了後に発行する電子書籍版ですが、こちらは常時無料になります。
今のところAmazonKindleストアおよびBOOK☆WALKERストアでの展開を考えています。楽天Koboもありかな……?
WEB版は自サイトおよび外部小説投稿サイトで公開予定です。こちらも完結後削除はなく、気軽にブラウザで試し読みしてもらえるよう残すつもりです。
今回の『お試し版(仮題)』は、その名の通りまったくのご新規さんがメインターゲットですが、既読の方にもニヤリとしてもらえるような小ネタをいろいろ仕込んでおきましたので、お時間があればぜひ。



あと、最後になりましたが重要なことを。
『お試し版(仮題)』が完結しだい、『東京フラッパーガール 1』の無料キャンペーンを予定しています。
お試し版を読んで気に入ってくださった方は、この機会にぜひ『1』もお試しくださいね。
というわけで、これから『東京フラッパーガール 1』を購入予定の神様のような方、もしいらっしゃいましたら少々お待ちを。
お試し版を試食してからでも遅くはないので……。



それでは、連載開始までしばしお待ちください!

posted by 杉浦絵里衣 at 20:27| お知らせ

2015年09月22日

著者セントラルに登録→トラブル発生につき修正しました

たまにはブログも書かねば、ということで。



2013年にKDPに登録した私ですが、実は今の今まで著者セントラルには登録してなかったんです。
著者セントラルって何ぞや? という方もいらっしゃるでしょう。
要するにAmazonストア内の著者プロフィールページです。

例:京極夏彦氏の著者セントラルページ

著書一覧とともに、近影や略歴、公式サイトやSNSのアドレスなども自由に掲載することができます。
Amazonでは、プロ以外でも個人出版の作家も登録可能なので、多くの個人作家さんが著者セントラルに登録されています。



で、どうして今まで登録してなかったのか。
理由は「自己紹介文を書くのが恥ずかしい」から。
Twitterのような趣味性の高いSNSならいくらでも好きなように書けるんですが、著者セントラルはKindleストア内のページということで、どうもパブリック性が高く感じてしまい、これまで避けていました。
自意識過剰じゃね? と思われるでしょうが、苦手なものは苦手なのでしょうがない(開き直り)。



でもまあやっぱり自己紹介はいるかな……ということで、先日思い切って登録しました。
登録自体は簡単です。やり方はまあひとつググってください(手抜き)。
ところが、無事登録できたページの著者名が、なぜかローマ字になってるじゃありませんか。

central.jpg
※クリックで拡大

これでは国籍不明で怪しさ満載なので、日本人であることをアピールせねばなりません。
しかし、著者セントラルの編集ページのどこにも修正する方法が見つからず。
しょうがないので、公式に連絡して修正してもらうことにしました。

150922.jpg
※クリックで拡大

問い合わせ場所は「ヘルプ」内の「お問い合わせ」ボタンから。



連絡したのが(日本では)五連休に突入したばかりの日だったので心配だったんですが、翌日には確認中のメールが届き、さらに二日後には修正完了の連絡をいただきました。

てなわけで、無事に日本語名で表示されるようになりました!
Amazon.co.jp: 杉浦絵里衣:作品一覧、著者略歴
自己紹介文が、かなりそっけなくて申し訳ない。
本当に苦手なんです……。

今のところ著者近影はTwitterと同じ柴犬ですが、画像サイズが大きくて妙な威圧感があるので(笑)、もっと真面目な画像を用意して差し替えようと思います。
(※11/2追記:人間バージョンに差し替えました。着物姿+セピア加工でごまかしました・笑)
あとは、著書がもっと増えるように執筆に励まねば!

posted by 杉浦絵里衣 at 22:33| お知らせ