2015年11月28日

『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール 第九話』更新

『浅草ブラン・ノワール』更新しました。
第九話/ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6094168

今回、環が関東大震災に被災したエピソードを入れています。
実は電子書籍版『東京フラッパーガール 1』をWEBで連載していた当時、関東大震災について触れるつもりで書いていましたが、連載の真っ最中に東日本大震災が起きてしまい、さすがに不適切だろうと思い自粛しました。
四年が経過した今回もどうしようか悩んだのですが、丸の内と浅草の対比や、作中での時間の流れから考慮して入れることにしました。
実際、昭和五年は「震災の復興事業が完成された年」とされ、その年の三月には『帝都復興祭』が開催されました(電書版『フラッパー 1』では意図的に開催時期をずらしています)。
もし不快になられた方がいらしたら、申し訳ありません。



さて、次回は12/2(水)の予定です。
個人的な事情で、おそらく二話同時更新になるかと……。
よろしくお願いいたします。

posted by 杉浦絵里衣 at 21:11| サイト更新

2015年11月25日

『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール 第八話』更新

『浅草ブラン・ノワール』更新しました。
第八話/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6083113
私にしてはめずらしく台詞の多い回でした。
台詞って本当に苦手です……。
掛け合いの上手な作品を見ると、爪楊枝の先程度でいいのでセンスを分けて欲しい……と思ってしまいます。

次回の更新は11/28(土)の予定です。いよいよ探偵業務に着手しますよ。
それでは、楽しんでいただければ幸いです!

posted by 杉浦絵里衣 at 21:14| サイト更新

2015年11月21日

『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール 第六話・第七話』更新

『浅草ブラン・ノワール』更新しました。
第六話/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6065381
第七話/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6065400

またまた二話同時更新ですね……。
だってこれも六話だけだと説明ばっかりになっちゃうから……(言い訳)。
次回からはまた一話ずつ更新に戻ると思うので、よろしくお願いします。

この六話もまた五話同様、手こずった部分でした。
書き直しても書き直してしっくりこず、実は今でもこれでいいのか迷っています。
おそらくこの六話も、電書化する際に書き直すと思います。

次回の更新は11/25(水)の予定です。
それでは、楽しんでいただければ幸いです!

posted by 杉浦絵里衣 at 22:15| サイト更新

2015年11月18日

『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール 第四話・第五話』更新

『浅草ブラン・ノワール』更新しました。
第四話/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6055548
第五話/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6055789
第四話だけではまったく話が進んでないので、五話も一緒に投稿しました。気まぐれですんません。
この五話目が、今作で一番手こずった部分でした。
というのも最後まで瞳子さんのキャラクターが決まらなかったので……。
とりあえず公開できる程度にまでは書いたんですが、個人的にはまだまだ修正の余地があるように思われるので、電書化する際に手直しするかもしれません。



気を取り直して、毎度おなじみ「無駄知識」。
今回はあんまりないんですけど、よろしければどうぞ↓

続きを読む
posted by 杉浦絵里衣 at 22:39| サイト更新

2015年11月14日

『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール 第三話』更新

『浅草ブラン・ノワール』第三話更新しました。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6039641
今回からデフォルトで縦書き表示になるよう設定してみましたが、どんなもんでしょう?
ページ内移動が少ない分、まだ使いやすいかなーとは思います。
次回は11/18(水)更新の予定です。



さて、ここからは当サイト恒例(?)の、「無駄知識」です。
作中では語れなかった(語りたいのを我慢した)ネタを思う存分書き散らしています(笑)。
よろしければ「続きを読む」をクリックしてください↓

続きを読む
posted by 杉浦絵里衣 at 21:27| サイト更新

2015年11月11日

新作『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール』連載開始しました!

先日から告知していた新作ですが、pixiv小説にて連載を開始しました。
・「浅草ブラン・ノワール 第一話」/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6028849
・「浅草ブラン・ノワール 第二話」/http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6028984
とりあえず初回で動きが少ないので、第一話・第二話とまとめての更新です。
つっても実際に話が動くのは第三話からなんですけどね。



「気軽に読んでもらえる」のを目指したのでキャラ説明などは最小限にとどめたいと思い、読むのに差し支えない程度には端折ったんですが、やっぱりどうしても説明が入ってしまいました。とくに環が探偵稼業に至る経緯とか……。
本編を読了済みの方には不要な部分なので、読み飛ばしてくださってけっこうです。
本編未読の方も、斜め読みで大丈夫だと思います(いいのか?)。
次回更新は、11/14(土)の予定です。



しょっぱなから環がフルスロットルでご迷惑をおかけしますが、よろしければしばらくお付き合いくださいませ!

posted by 杉浦絵里衣 at 22:38| サイト更新

新連載『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール』始動します!

以前から告知していた新作ですが、『東京フラッパーガール lite 浅草ブラン・ノワール』というタイトルで連載を開始します。
この『lite』がポイントで、「有償版より短く、お手軽に読める」という意味になり、一部しか読めないサンプルやお試し版とは決定的に異なります。
もちろん最初から最後まで無料で読めますので、普通にWeb小説を読むような感じで気楽に楽しんでいただけると幸いです。
表紙はいつもの宗像久嗣氏、いつも以上に気合いが入ってます!
sample01.jpg
ふたりの身長差(約23センチ)が萌えポイントです(笑)。



連載頻度は今のところ週二回、毎週水曜夜と土曜夜を予定しています。
だいたい一話当たり2000〜4000文字、平均して3000文字程度になるかと。
たまに5000文字近くなることもありますが(笑)。
週一連載だとちょっと間延びする分量なので、週二回にしてみましたが、どんな結果になることやら。
ちなみに結末まで書き終えているので、ストックには困らない……はずです。
第一回目の連載日は、11/11(水)の予定です。



発表場所はいろいろ考えた末、pixiv小説にしました。
今回はじめて利用するので、いろいろ分からない点も多いんですが、お付き合いくださるとうれしいです。
当方のプロフィールページ(なろうのマイページみたいなとこ)は、こちらです↓
http://pixiv.me/frau_erii
今のところはテスト投稿用の『キューピッド』しかありませんが、そのうち増やしていきたいと考えています。



それでは皆様、しばらくの間お付き合いくださいませ!

posted by 杉浦絵里衣 at 01:22| サイト更新

2015年10月15日

新作『東京フラッパーガール お試し版(仮題)』今後の予定

ようやく新作のめどが立ったので、お知らせします。
……とはいえ、書き下ろしではありますが、完全新シリーズではありません。先に謝っておきます(チキン)。
タイトルは『東京フラッパーガール お試し版(仮題)』
同シリーズの前日譚、具体的には『1』の半月ほど前にさかのぼったお話になります。
まずWEBで連載→完結しだい電子書籍化となる予定です。連載時期は、早ければ今月中、遅くても11月には開始しようと思っています(まだ推敲中なので……汗)。



『お試し版』とはありますが、いわゆる有償版の一部分のみのサンプルという意味ではなく、初見の方にも『フラッパー』の世界観を知ってもらうためのお話なので、最初から最後まで無料で読める独立した作品になる予定です。
考え方としては、テレビドラマなどでよくある「パイロット版」、あるいは連載漫画の前段階となる「読み切り版」に近いものになりますね。

有効なプロモーションとしては、上下巻の上巻のみを常時無料にし、下巻を有料で販売する……という方法もありますが、『フラッパー』はちょっと味見でも、というには少々長めの作品なので、無料にしても積ん読されてしまう可能性が高そう。
それならばいっそのこと、新規で短めのを書き下ろしてしまおうと考え、このような形にしました。
短めとはいっても、現時点で6万文字越え・原稿用紙160枚前後という、中途半端な分量になってますが(笑)。

あとはまあ、これは完全に自分の都合なんですが、約一年半ほど小説執筆をサボっていたので、リハビリも兼ねて完全新作よりなじんだシリーズ物にしよう……という理由もあったりします。



連載終了後に発行する電子書籍版ですが、こちらは常時無料になります。
今のところAmazonKindleストアおよびBOOK☆WALKERストアでの展開を考えています。楽天Koboもありかな……?
WEB版は自サイトおよび外部小説投稿サイトで公開予定です。こちらも完結後削除はなく、気軽にブラウザで試し読みしてもらえるよう残すつもりです。
今回の『お試し版(仮題)』は、その名の通りまったくのご新規さんがメインターゲットですが、既読の方にもニヤリとしてもらえるような小ネタをいろいろ仕込んでおきましたので、お時間があればぜひ。



あと、最後になりましたが重要なことを。
『お試し版(仮題)』が完結しだい、『東京フラッパーガール 1』の無料キャンペーンを予定しています。
お試し版を読んで気に入ってくださった方は、この機会にぜひ『1』もお試しくださいね。
というわけで、これから『東京フラッパーガール 1』を購入予定の神様のような方、もしいらっしゃいましたら少々お待ちを。
お試し版を試食してからでも遅くはないので……。



それでは、連載開始までしばしお待ちください!

posted by 杉浦絵里衣 at 20:27| お知らせ

2015年09月22日

著者セントラルに登録→トラブル発生につき修正しました

たまにはブログも書かねば、ということで。



2013年にKDPに登録した私ですが、実は今の今まで著者セントラルには登録してなかったんです。
著者セントラルって何ぞや? という方もいらっしゃるでしょう。
要するにAmazonストア内の著者プロフィールページです。

例:京極夏彦氏の著者セントラルページ

著書一覧とともに、近影や略歴、公式サイトやSNSのアドレスなども自由に掲載することができます。
Amazonでは、プロ以外でも個人出版の作家も登録可能なので、多くの個人作家さんが著者セントラルに登録されています。



で、どうして今まで登録してなかったのか。
理由は「自己紹介文を書くのが恥ずかしい」から。
Twitterのような趣味性の高いSNSならいくらでも好きなように書けるんですが、著者セントラルはKindleストア内のページということで、どうもパブリック性が高く感じてしまい、これまで避けていました。
自意識過剰じゃね? と思われるでしょうが、苦手なものは苦手なのでしょうがない(開き直り)。



でもまあやっぱり自己紹介はいるかな……ということで、先日思い切って登録しました。
登録自体は簡単です。やり方はまあひとつググってください(手抜き)。
ところが、無事登録できたページの著者名が、なぜかローマ字になってるじゃありませんか。

central.jpg
※クリックで拡大

これでは国籍不明で怪しさ満載なので、日本人であることをアピールせねばなりません。
しかし、著者セントラルの編集ページのどこにも修正する方法が見つからず。
しょうがないので、公式に連絡して修正してもらうことにしました。

150922.jpg
※クリックで拡大

問い合わせ場所は「ヘルプ」内の「お問い合わせ」ボタンから。



連絡したのが(日本では)五連休に突入したばかりの日だったので心配だったんですが、翌日には確認中のメールが届き、さらに二日後には修正完了の連絡をいただきました。

てなわけで、無事に日本語名で表示されるようになりました!
Amazon.co.jp: 杉浦絵里衣:作品一覧、著者略歴
自己紹介文が、かなりそっけなくて申し訳ない。
本当に苦手なんです……。

今のところ著者近影はTwitterと同じ柴犬ですが、画像サイズが大きくて妙な威圧感があるので(笑)、もっと真面目な画像を用意して差し替えようと思います。
(※11/2追記:人間バージョンに差し替えました。着物姿+セピア加工でごまかしました・笑)
あとは、著書がもっと増えるように執筆に励まねば!

posted by 杉浦絵里衣 at 22:33| お知らせ

2015年04月25日

『東京フラッパーガール 1』を、Amazon公式セールに選んでいただきました!

ご無沙汰しております、杉浦絵里衣です。
実に一年も放置していました……。無料ブログなら広告で埋め尽くされるレベルですねすみません……。

このたび、拙著『東京フラッパーガール 1』が、4月24日(金)〜5月6日(水)までAmazonKindleストアでのGWセールに選んでいただきました!
期間は約2週間と長くはないですが、通常価格250円→100円と、60%オフになっております。
かなりお買い得ですので、この機会にぜひお手にとっていただけると幸いです!
もし気に入ってもらえたら、完結編の『東京フラッパーガール2 上海オールドボーイ』もよろしくお願いいたします(*´ω`*)

今さらかもですが、中身はこんな感じです↓
昭和五年、東京。
伯爵令嬢・二宮環は自由な生活を夢見て家を飛び出し、女だてらに探偵事務所を開いているが、依頼といえば猫探しなどのつまらないものばかり。

帝都復興祭の開催に向けて沸き立っていたある日、カフェーの店長から「店の売上金を盗んで失踪した女給を探してほしい」と相談を受け、お目付役である書生の葛葉とともに調査に乗り出す。

やがて女給の行方をつかんだものの、手許にはすでに金はなかった。
彼女はなぜ金を盗んだのか? 大金はどこへ消えたのか?
その背景には、誰もが予想できなかった陰謀が隠されていた──。

暗く不安な昭和初期の空気を、破天荒なお嬢さま探偵が豪快に吹き飛ばす、軽快エンタテイメント!
『東京フラッパーガール』シリーズ第1巻。


歴史小説ほど堅苦しくなく、あくまでライト&ちょっぴり少女漫画テイストありな本作、楽しんでいただければ幸いです!

posted by 杉浦絵里衣 at 22:09| 電子書籍